改造車のプラモファンのチラシ裏 アメリカ車、日本車、欧州車のプラモいじりを気まぐれで載せたいと思います。トランスフォーマーもないあるよ。

最近の記事
3月
03/24 00:44
グンゼ産業 BOY …
03/10 00:45
045
02/11 09:35
2011 ニューイヤ…
01/31 22:56
Maisto Fif…
01/27 02:29
最近のコメント
LFA見てきました。…
tomtom76 02/12 20:03
非日常というとLFA…
SUM 02/12 00:15
昨日はお世話になりま…
tomtom76 02/11 13:27
お疲れ様でした。平日…
SUM 02/11 10:00
ユンボさんコ…
tomtom76 02/08 00:20
最近のトラックバック

3月

大災害が起こりました。
築き上げたものが一瞬で失われる怖さは想像も出来ません。
被害にあわれた方々へお見舞い申し上げます。
東京都下に住む自分にも家族や友人から安否確認の連絡をいただきました。有り難いことです。

当日自宅で尋常で無い揺れを体感しましたがおかげさまで直接の被害は無かったです。
本棚とCDラックを押さえるのに全力かけてましたね。
頭上から空のトランスフォーマーのパッケージが落ちてきたりしたくらい。
休日だったので帰宅難民にもならず助かりました。

そんな中、上旬に注文していた米ScaleAuto誌年間購読の最初の号が届きました。

98年暮れに恵比寿ミスタークラフトで購入して以来数年前の渋谷ブックファースト縮小移転により店頭購入の手立てが無くなるまで買い続けていた雑誌で、アメリカカーモデルホビー界隈を知る唯一の手がかりでした。
今回手続きの条件が整ったので年6回刊の定期購読を注文しました。
相変わらずもっさり感満点な完成品の並ぶ各地のコンテスト作品集も同梱。
こんな状況で久々に読めて原点回帰的な気分になりました。

今日は昼間にディスクユニオンでDJ MUROのmixCDを買ってたまたま自宅でMUROさんのブログ見たら、ディスコ・ダンスクラシックの重要レーベル・サルソウルの歌姫、ロレッタ・ハロウェイが他界したとのことでベスト盤聴いてます。

個人的にサルソウル中でも彼女のRunawayって曲がベストなんでチェックしてみてください。
胸のすく感じがしてすごくいいんです。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

グンゼ産業 BOY DATSUN L-DY720 ダットサントラック

花粉の季節でございます。
熱出て死ぬとかじゃないから耐えしのぐしかないすね。
ティッシュ以外は一切対策しません。
消費量ハンパないですけど。

さて、今年もSUMさんA.K.Aぐっさんと主宰者様のご厚意により某会合に参加いたしました。

作品を鑑賞することももちろん良いのですが、それだけではわからないビルダーの方々の考えやコアな話題を生で交わせるというのはいい機会で、10年近く前に止めたプロジェクトを復活させて来年ここにまた出そう、とかいろいろ刺激やヒントをいただけました。

せっかく展示出来るのだから新作を、と数日で追い込んで一個フィニッシュさせました。
グンゼ産業のBOYシリーズ・ダットラ720です。

玉石入り乱れた日本の80年代デフォルメキットでもグンゼ物にハズレ無し。
ボディは王道の水色とか考えたけどノスタルジックにオレンジで。

ボディとフリクションモーター、タイヤ、ホイールってだけの構成ですが、白く塗るホイールはネービーブルー成型という残念さ。
下地にグレーのサフかシルバーで近道すればよかったですが、ガイアカラーEXホワイトの隠ぺい力に助けられました。

苦手な筆塗りは避け、極力ブラシ吹きで完結すべくマスキング地獄に。
テープの使い方、効率の良い塗装順など勉強になりました。
ケツに火が点いてると一週間くらいで完成できそう。

随分と上げ物のトラッキンも増えてきました。

左手前の“ミズ・ビッグフット”、フォードのスクエアレンジャーはハッピーミールのオマケ。
奥のナガノ製モントラはまた今度。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

045

SUMさんA.K.Aぐっさんと横浜行ってきました。

何年ぶりかのMOON CAFEで口内に肉の味がハンパなく広がるミートパテや野菜がボロボロ落ちるところがそれっぽいタコス、極甘という予想に反し控えめの甘さが食後に合うアップルパイをがっつり頂きました。

FOR SALEの左ハンDATSUN521の凛とした佇まいがたまらなかったです。

その後CKB2回目の本牧野外興行が行われたD突堤へ。
きわめて穏やかな時間が流れていました。

すると灯台の小山の上にて愛犬を連れて散歩中の某K-1さんと遭遇というファン冥利に尽きるイレギュラーが。
その愛犬にSUMさんが刹那の情欲をものすごい勢いで発散されてて笑いました。
週末は恒例のTMNK(友の会=ファンクラブ)サミットとのこと、再入会したくなってきた。

しかしこの界隈は多様な大型トラックが集まっていたり、市街部でも時おりセンスのよい改造車見かけたりと横浜045エリアの特色を感じましたね。

夕方新宿でSUMさんと別れて日常に帰ってきました。
いろいろ現実離れしたイレギュラーを楽しめた一日でした。
日記 | 投稿者 tomtom76 09:35 | コメント(4)| トラックバック(0)

Maisto Fifty5's 1975 DATSUN Truck 620

新年一発目になります。
本年もよろしくお願いします。
年明けからずっと突っ走らざるを得なかった業務が今日ひと段落し、時間に余裕出来たんで相模原タムタムへ寄り道。

したらマイストの620トラックが再入荷してて、ぐっさんの触れば良さがわかる、デフォルメの方向性は良質なかつてのグンゼ物の系譜だとのレコメンドが脳裏をよぎり購入。

がやっぱりそのままはキツい。
デフォルメ車ってタイヤの強調が弱いと頭が小さいSDガンダムみたいなことになってしまう。

そこで、思いっきり強調すべくモンスタートラックにしてみますた。

Jada発、まさかの2010年代新規シリーズモントラ、シボレーC-10のキビしい出来のボディシェルを取り払い、620ボディを乗せる。


小一時間で完成。

関係ないけどこの620、ウィンドシールドがフラッシュサフェース化されてて違和感有りますね。

後姿なかなかいがっぺぇ。

フェンダーにファイアストンでサイドウォールにはミッキートンプソンとはいかがなものかって感じだけどうさん臭くていいかもしんない。
620ならではのバンパー内蔵テールランプはあえて廃し交換。
ショーやコンペティションユースのつもり。
そこでこのインチキ臭いBREカラーも活きてくるかなと。
後の田宮のD21キングキャブとも色合い的にリンクしてくるかなーと。

小ぶりなサイズのビッグフットがぼちぼち集まってきました。

ハマーとブロンコはJada、F-150ラプターはシーシーピーの赤外線R/C。

ということで今年もトラッキンやっていきます。
日記 | 投稿者 tomtom76 02:29 | コメント(2)| トラックバック(0)

LINDBERG NISSAN 4WD DUALY

我が家にまさかのリンドバーグ製ニッサン・ハードボディが到着。

D21ダットラのキングキャブとド真ん中な車種ですがやはりカッケーですね。

同門リンドのトヨタトラックと。

ザッと見た感じタイヤが別型だったのは感心しました。
ボックスストックを楽しみたいトヨタと違ってハードボディはMini Truckin' としてしゃぶり尽くしたいところ。
がネタ多数控えてますんで弊ブログでの再登板は数年後になりそうです。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:14 | コメント(4)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #8

久々にレンジャーをさわっています。
相当前にフリートウッドで注文してた小物を付けてみる。

SCALE REPRO'S PLUS STREET ROD MIRRORS
元々のサイドミラーの穴を埋めて…

ドアに直接挿し込む。

鋳物の加工品か切削品かわかんないけどミラーのアウター部分のヘアラインがイイ感じ。

DETAIL MASTER Inferno Skull Steering Wheel

エッチングのディスクとアルミのリングから成るビレット風ステアリング。
フレイムス&スカルがいかにも若手のトラッキンつう風情。

組み立ててみる。

ここまで来るとラグトップとかも欲しい気がするけど時間無いんで次回作への課題ってことで。
ベッドも今ならタブ化しちゃいたいところ。


トラック尽くしの一年でしたから年内にカタチにしたいものです。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:17 | コメント(4)| トラックバック(0)

LINDBERG TOYOTA 4x4 PICK UP #2

トヨタPUを進めます。

グリルガードが酷く歪んでて中央のバー2本がどうしようもなかったんでプラ丸パイプと差し替えました。

箱の実車写真見るとこの2本のバーはライト周りより太いんでディテールアップにも丁度良かったです。

完成。

前回発覚したフロントのハミタイをナロードした本体と組み合わせてみる。

見た目はこれで良さそう。
20年前のキットながらウィンドシールドは外からの取り付けで段差は控えめ。
あとホイールはインナーと接着すると中空タイヤに圧がかかってむっちりしたサイドウォールになりそうなのが楽しみ。
いいキットではあるけどパーツのイモ付けが多すぎなのが残念。
最後の組み立てがコワい。

その前に辛い塗装の準備に入ります。
日記 | 投稿者 tomtom76 21:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

ハッスルでクラッド

今日は府中市の分倍河原で昼食とりました。
屋号がハッスルというフィーバーな洋食屋さんでポークソテーと白身魚フライランチを堪能。

看板からして実にいい感じのオーラでてますよねー。
出てから気付いたハッスル丼っていうメニューがめちゃめちゃ気になるのでまた行きます。

食後付近を散策してたらミニ四駆ありますと書かれた玩具店があり中入って即まさかのワイルドミニ四駆・クラッドバスタージュニアと目が合いました。
顔がシボレー・C10まんまゆえか永いこと再販されず入手難の続くこのキットに恋焦がれ続けてましたが小学生以来の唐突過ぎる再会で頭真っ白になりかけました。
派手なカラーで敬遠してたけど素のボディはちゃんと5ドアを再現していたテラノと共にいただきました。



箱見てて思い出しましたが、ケースにクラッドの箱絵が印刷された消しゴム使ってました。
キットは往年のタミヤのアメリ感を引き出すべくボックスストックで仕上げたいところです。
日記 | 投稿者 tomtom76 02:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

LINDBERG TOYOTA 4x4 PICK UP #1

ここしばらく京都土産のリンドバーグ製USトヨタPUいじくってました。

1/20なんですけど、パーツのデカさに加え、歪み、ズレたパーティングライン、ピン跡、表面の荒れといった輸入キットのネガ要素フルコースで結構手間かかります。

基本のパーツだけ集めて形出して組んでみた。

助手席側のエンジンフード先端が浮いてるのがいかにもアメプラです。


どうせどこか歪んでて四輪接地しないんじゃねえかと思ったけどボディは地面と並行にはなってました。
前輪が左右キレイにハミタイしてるのに後輪がツライチなのがおかしいくらい。


今はこの成型色がオモチャっぽくて見てられないですが、色付いたら化けますねこれは。
次回に続く。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

BTTF

20年近くぶりにバックトゥザフューチャー3部作観ました。
レンタル屋のDVDが一向に空かないのと一枚あたり1000円とおそらく底値だったんで買っちゃいました。

何目当てかってラストに主人公マーティが両親からプレゼントされるトヨタの4×4ピックアップを拝みたくって。
(そのシーンのキャプチャー画はあるけどコンプライアンス的に貼れず)

したらタイムトラベル後のオールディーズ感を高めるためか冒頭の現在世界は日本車に侵略されてて、わずかにポンテのサンファイアだかがいるくらい。
ネオクラ北米仕様日本車が我が物顔で走り回りお宝画像連発で大金時殿が反りっぱなしでした。
ダッジのPUやスクエアボディのレンジャーが現役だったりもたまりません。
こっちが舞台の1985年にワープしたかのように楽しめましたね。
が、そういう興奮を忘れるほど本編も完璧でした。

あまりの懐かしさに当時も作ったアオシマのデロリアン落札しちゃいました。
キットは3作品それぞれの仕様があって飛行モードが気になったのでパート2のをゲット。

板って感じの真っ平なボンネットが触っててなんかイイ。
ステンレスボディゆえ達成感はあれど正直面倒臭い鏡面ポリッシュが要らないし、ボディを這うケーブルを線材に置き換える工作が楽しそうだったりで優先度上げて作ってみたいですね。
日記 | 投稿者 tomtom76 02:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

2月の動向

花粉のシーズンとなりました。

ザッと近況を。

某日、SUMさんa.k.a.ぐっさんのはからいで去るモデラーさん方の集まりへ参加させていただく。
ぐっさんのお友達のユンボさん、Eさんと合流し、異業種交流。
作品のほぼ全てが改造車という夢のようだけど、現実に手塩のかかったモデル群を鑑賞。
チキンなので写真はナシ。ハートに擦り込みました。
自分らの島だけ記念撮影。


上のすみっこにDISCO VAN写ってますが、ようやく自動車のカタチになりました。

まだ各部両面テープなんかで止めてるだけですけどね。
懸案の30年前の大判デカールまで貼りきりたいところです。
隣は新作TF、実写版の悪役・バリケード。

あと、久々にプラモ買いまくり。

ザク用にMG誌掲載のクレオス城カラー・畳色も。

ガスコンロ可の物件を希望して引っ越しただけに最近は自炊やってます。

丁度野郎向けの料理雑誌が刊行されててマネしてますが、特に味付けが勉強になりますね。
今日の晩飯は右の加熱したスーパーのとんかつに手製おろしだれ丼です。
口に運んだ途端脳汁出まくりでしたわ。
作業にちんたら1時間はかけてしまいますが光熱費が怖いところです。

そろそろ夏のタミヤ・ギャラリーの準備を始めなくては。。。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

新春プラモ宴

明けましておめでとうございます。

昨年は公私共に終わりの始まりみたいな年だったんで流れに乗ったり逆らったりでやってこうかと思います。

年末に多摩042エリアへ引越ししたのですが、新春早々SUMさん A.K.A.ぐっさんにお越しいただき顔合わせ兼打ち合わせ。

大晦日お台場コミケ参戦終わりに船橋IKEAで買ってきた900円のちゃぶ台上にて無国籍なゲットー感漂う模型宴開催。


怒涛の完成ラッシュ中の氏の作品群から着地タミヤキングキャブ改やベタ落ちタウンエース、ミニチャンミラージュ、フジミ&ホットワークスAE86を持参いただきました。



白い成型色のままのが自分のやつです。
今年は何台色が乗るやらですがのんびりはしてられません。
2月末のある会合へ向けこれらの中から数台世に出せるものを作らねばならんので。
完成ゼロの汚名を払拭しますぜ。
日記 | 投稿者 tomtom76 20:51 | コメント(2)| トラックバック(0)

amt 1968 PLYMOUTH ROADRUNNER

先のスーパービーを10年越しの入手と書きましたが、
プラモを作り始めの頃手に取った米スケールオート誌
掲載の本キットの作例記事を読んでエンジンの
ディテーリングや考証のおもしろさを知ったんです。
以降キットを探し続けるもなかなか縁が無く、晴れて
今回入手と相成りました。


スーパービーが入手できなかった代わりに当時作った
姉妹キットの1968年プリムス・ロードランナーがこちら。

スケオトの記事とAカーズ誌に出てたキットに近い仕様の
実車記事を参考に製作。

ディストリビュータの穴空けに失敗したりバッテリの導線が
あらぬとこから生えてたりと荒削りです。
実車記事にあったタクシーの内装のようなビニールレザー
シートとはどんな質感なのかとかいろいろ考えて楽しかった
覚えがあります。

物知らぬ当時からダサいと思ってたオマケホイールは
いつでも換装出来るように接着はしてません。
鉄っちんに置き換えたら完成です。
日記 | 投稿者 tomtom76 14:25 | コメント(2)| トラックバック(0)

MPC 1970 DODGE CORONET SUPER BEE

久々にアメリカメーカーのキットを購入しました。
新生MPC製ダッヂ・スーパービー復刻版です。
長年探してたキットで10年越しの入手となりました。

新しい資本の元、MPCブランドの20年近くぶりの復活ってことで
箱が同社の`70年頃のダッヂ車キット群のレイアウトを模した
手描きイラストに改められました。
製品は90年代初頭の開発なのに箱は70年代のものを起こすと
腑に落ちないとこはありますが絵はカッコいいです。

中身は脱レーシングチャンピオン体制を宣言するかのように部品が
従来のグレーから白成型に。
傷みやすいメッキ部品は紙、クリヤパーツは発泡スチロ-ルで
梱包され、さらにオマケでMPCロゴステッカーに箱のミニチュア
までも同梱。
サプライズ連発でわが国のレクサス以上のおもてなしを受けつつも
これは作らないとただのコレクターズアイテムに貶めてしまう
恐れがあるなと引き締まる思いもしました。

このMUTANT BEEなんかいい元ネタになりそうですが。

日記 | 投稿者 tomtom76 14:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #7

レンジャーの内装をいじりました。

ダッシュボードをシートメタルや樹脂でワンオフ作成という
ホットロッド的アプローチが昨今の流行のようですが、
プラ板などでそれやってると完成しそうにないんで、
たまに見かけるもうひとつの手法として50~60年代の
旧車からの移植を行いました。

モノは同じくフォードの1957フェアレーン。
形状のカッコ良さとひと目でエクステリアと違う年代のものと
判るんではということからチョイスしました。

before


after

ダッシュ、ドア内張り、ベンチシートをフェアレーンから
持ってきました。
車格違うんで合わないんじゃと思ったけどまあまあですかね。

低い車高稼ぐためにオレンジのフレームが上昇しまくってる
んで辻褄合わせが手間です。
テープで見えませんけどフロアはデカい風穴空けてフレーム
露出してます。
フレームとフロアの固定にひと役かってるんで一石二鳥
でしたが。

ツラツラ書きましたが読まれる方は置いてきぼりかと
思いますんで現時点での組み上げたショットを。

内装が入るとミニチュアとしての小世界が生まれた気が
します。
日本語でおk、って感じですけど、まあそんな感じです。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

東京都中野区のミツワ・ミッドレーサー



給料日前の経済危機のため昨日までのガラクタを
中野まんだらけまで処分処分しに行ってきました。

時節柄買取りカウンターは混雑してて30分近く待ち
ましたが納得の査定で生活費をゲットしたその足で
階下の大車輪へ向かう愚か者。

カゴに無造作に入れられた中古プラモの中に懐かしの
ミツワモデルのミッドレーサーを発見しました。
ポルシェ959&アルピナB7とバブリーなコンボです。
アルピナ昔作ったなーってことでお持ち帰り。


デフォルメゼンマイ自動車バブルの当時でも頭ひとつ
リードしていた印象でしたが、今見てもボリューミーな
959、寸詰まりなのに伸びやかなBMW635と絶妙に再現。
いっそゼンマイ廃して内装入れちゃえよ、ってぐらいです。
チョロQほどデフォルメが大げさでないのが秘訣かも。
ちゃんとドア開きそうだし。


アルピナは定番のストライプが2色から選択できる
気配りぶりも記憶通りでした…と箱を閉めました。

まあこの頃作ったもののリベンジってネタは下のタミヤの
ポルシェ961でやってるんで今回のはそのうちにでも。




日記 | 投稿者 tomtom76 22:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日のミニカー

吉祥寺プラシック・マーケットにてミニカー数点購入。

ホットウィール・トヨタ・バハ・トラック。

顔面はT100トラックのものかと思われますが色付いてないと
締まらないのでハセガワの鏡面フィルムを貼ってみる。

ライトが最近のトミカみたいにキラリとして良いです。
ただ、極薄なんで、クリアコッテリ塗りのいびつな表面を
浮き彫りにしてしまいます。
下地処理しとけばかなり使えることでしょう。

マッチボックスのゴルフV・GTIとホットウィールのダッヂバン。

ゴルフの70年代ドイツ車くさいオレンジとダッヂの
スケベイス色とがド渋です。
日記 | 投稿者 tomtom76 02:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

AMT SNAPFAST SLAMMERS "ROAD RIPPER"

神奈川の模型店でレンジャーのキットを発見しました。

10年ほど前AMTが展開していた若年層向け接着剤不要、一部
塗装済みの改造車シリーズ、スラマーズ中唯一のピックアップ
”ロードリッパー”です。

当時流行のエアロ付けたスポーツトラックですが、イラストを
よく見ると屋根が脱着可能だったりテールライトが
コンセプトカーのマスタングマッハ3の意匠というように
こってます。
今見てもそんなに悪くないかと。

部品数20個ってことで即組み立ててみる。

不思議と野暮ったく見えないステップサイドのベッドがイキです。
が、ホイールがショッパ過ぎ。

そこでスラムドのレンジャーで没にしたアオシマのアルミと交換。

まあまあいい感じになりました。
和物の軽量系大径アルミとか似合いそうなんで後日調達してみます。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:47 | コメント(2)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #6

ベッド関連続きます。
ケツのバンパーをプラ板で作るロールパンで埋めます。

before

これはこれで普通にカッコいいですけどもね。
今回は一通りヤっちゃいたいので。

埋め中


after

つるぺたになりましたが塗ったあともツルりとさせたいので
後で面出しはキッチリやっときます。


今日のミニカー。
西荻窪ナカマ模型センターにて購入のコーギージュニア
"U.S.VAN"と高円寺・HOTWIREで入手のマッチボックス製
vw・キャディ。

キャディは最初から大径アルミでカッコよいですが、ここは
小径ヤン車物のアルミ入れてべったりいきたいです。
黄色のシェビーバン的なVANはハーツってフォード傘下じゃ
なかったっけ?とか抜きに当時としては最高と思われる
ディテールとグラフィックがよい感じです。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #5

レンジャーのボディは縮尺がアメリカンサイズ1/25、一方の
ハイラックス用のフレームは日本の1/24ということで、
ボディをそのまま載せただけではフレームがオーバーサイズ
なんです。
今回はホイールベースをレンジャーに合わせるべくフレームを
加工してみました。

before

ホイールの中心やフレームが後ろ寄りになってるかと。
気持ち悪いです。

施工完了。

左が加工品。何が違うかはお察しください。

after

リヤエンド位置を前進できました。
日記 | 投稿者 tomtom76 15:14 | コメント(3)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #4

先日の続きです。
ゴチャゴチャ書いたフロントの加工してみました。

途中経過。

何やってるか全然分かんないですね。
おおむねフィーリングで切り貼りしてるんですけど、
大抵後々にしっぺ返し喰らいます。
小さなズレが集まって取り返しのつかんことに・・・って。

組み立ててみた。

前回の画像のよりホイールの角度をより自然に起こしつつ
車高を落とすことに成功。

エンジンルームの眺め。
ちびちび各部加工してます。

実はタイロッドを詰め過ぎてアライメント狂ってたり。
次はそこに加えてこないだ適当に組み立てたベッドが原因の
リヤ周りの諸問題をやっつける予定です。

日記 | 投稿者 tomtom76 01:14 | コメント(3)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #3

当前ですが、プラモって説明書通りの組み方から外れて改造すれば
多かれ少なかれ不具合が起こります。
それも楽しみのうち、なんて言う気はさらさらないけど、
完成への妨げならやっつけるしかないなとシコシコいじくっております。

レンジャーですが、いろいろあってアオシマのVIPアルミ20インチから
ホッピンハイドロの24"へステップアップしました。
バカデカクレーガーでロッダー風味。

昔の族車プラモの箱絵のようなハの字ですけど、実車レンジャーの
フロントはIビームって造りのせいか落とすとハの字きっついんですが、
これはなんぼなんでも見苦しいレベル。
トレッドのナロードで角度起こせるかな。
それだけだと車高上がるからフロントエンド自体を上げる必要が
ありそう。
ミニトラックに24"って時点で模型ならではのファンタジーなんだけど、
スジは通したものにしたいと思います。

アキバの古物屋でマイチェン後のレンジャー捕獲しました。
四駆の意匠で、キットよりこっちの方がカッコいい件。

知ってか知らずか前オーナーにより前車軸がハの字に曲げられて
ました。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER #2

こないだのネタで抜き初め終わったのでプラモいじり初め系です。
以前記したフォードのレンジャーですけど、9ヶ月ぶりに
箱から出してベッドの底上げ実施。

before
故モデラーズのマスキングテープはスジ彫りのガイドに最適かも

after

フレームに載せてみる。

オレンジのフレームはアオシマの車高調整可のやつなんで
完成したらガシガシ遊びまくる予定ですよ。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

年末の買い物

あけましておめでとうございます。

これといって何か為したいとかは無いんですけどボチボチ
やってきたいと思います。

年末30日は恒例のコミケ行ってがっつり同人誌ゲットしてきました。

上にチラりと出てるのは鉄道むすめで有名なみぶなつきさんの本
ですが、縄化粧的な意味で下をお見せできないのが残念です。
こういった即売会は作家さんから直接作品を購入する、ってライヴ感が好きなんス。


その夜、自分へのクリスマスプレゼントってことで注文してた
amadanaの目覚まし時計が届きました。

長いことお気に入りのミュージシャン/DJ・テイ・トーワさんがメロディを
提供、ラグジー(笑)なベージュとシャンパンゴールドを配した
モデルです。
プラスチッキーなんかなと思ったら前面が厚めのガラスで予想外な
ズッシリ感があってイカします。
これで殺伐とした目覚めを前向きにできればいーんですけど。
日記 | 投稿者 tomtom76 21:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

AMT 1995 FORD RANGER

花粉の季節ですね。
あったかくなってきたので活動再開です。

我が国唯一の某トラッキン雑誌主催のプラモコンペに
出そうと思ってるAMTの1995フォード・レンジャーです。
あと2週間で〆ですんで次回用ですが。。。

before


after


エバーグリーンでグリルインサート作ってみました。
もうちょっと位置を煮詰めて本来のグリルのトリムに沿った
カーブをつければそこそこサマになりそう・・・な気が。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:03 | コメント(6)| トラックバック(0)

MONOGRAM Chevy C-10 #2

ポケーッとしてるとすぐ時間が経ってしまいますね。
すっかりエアコンの要らない季節になってしまいましたがC-10の
続きです。

リヤの加工をメインにすすめてきました。
まず参考にするべく洋雑誌で調べたところ、AirRide社のスクエア用
4リンクキット
ってのが構造的に解りやすかったので元ネタとしました。



フレーム切ってエアバッグの台座作ってリンクバーの受け作って。
取説がpdfでダウンロードできたのも参考になりました。





で、アクスルハウジングに洋白線で補強を行い、フレームへは
ここで接着を行う予定。

まだ肝心の4リンクのアームは作ってませんが、飾りってだけになります。
これでリヤエンドの基礎が完成したことになります。

ところが組んでみて、期待したほど車高が落ちてないことがわかり、
ベッド、キャブのボディドロップを行いました。
共に6ミリです。


で、こうなりました。


ベッドもかなり内側が高くなりました。

キャブ内装の桶がギリギリ入る、ぐらいまでカサ上げしてやっとイカす
車高となりました。

今後はフロント足周りの作業~エンジンルーム加工~内装・・・と
進む予定です。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:06 | コメント(4)| トラックバック(0)

SQUARE BODY REVIVAL

昨年からずっと気になってるクルマがありまして。
シボレーの1973~1987までのC10ピックアップなんですが。


USの雑誌StreetTruckでスクエアボディと呼ばれてるこの世代、
個人的には小学生の頃のタミヤのワイルドミニ四駆、
クラッドバスターJr.で古くからなじみ深いものでしたが、
実車が彼の地で流行の兆しがあるようで、大径ホイル履いて
べったり落とした姿を誌面で見るにつけグイグイと惹き付け
られていったのでした。


で、ここ一年ほどでキット集めてみました。


この年代ってどうやら四駆ブームのはしりだったらしく
ユルい泥遊びが似合いそうな仕様が多いです。
レベルのは珍しく直線仕様ですね。


その中でモノグラムの多分70年代のモデルと思われる一群。

これらモノグラムの製品は存在すら知らなかったのですが、
先日関西に行った際寄った京都・フリートウッドで入手
できました。
特にベッドがフリートサイドであること、上げものに付き物の
グリルガードが付いておらずめっきも綺麗なバンパーだったりと
ボディが最もストックに近い状態だったのです。
ようやくイカすTruckin’を作れるベースに出会えました。

が、旧いキットってことでエンジンフードが歪んでおり
使用できない状態だったのでどうしようか考えてたところ
高円寺・ホットワイヤーにステップサイド版がありましたので
引き取って部品取り。

で晴れて組めるようになりましたので晒します。
いつもと違い仮組みすらまだ出来てないタイヤにボディ
載せただけのイメージ画像ですが。

作業始める前に箱の写真とか見ててこんな野暮ったいベースが
カッコよくなるんだろうかって思ってた疑念がふっ飛びました。
この化けっぷりに正直興奮してます。

下のダイキャストに負けぬよう頑張ります。

日記 | 投稿者 tomtom76 19:44 | コメント(3)| トラックバック(0)

HWの逆襲

大変ごぶさたしております。
先日池袋のトイザらスにふらりと立ち寄った際、ホットウィール売場で
いろいろ新作を見かけましたのでご紹介。
im a player
ここにお越しになる皆様へはあえて1台ずつご紹介する必要もないかと
思いますので特に気になったものを取り上げます。

HOTWHEELS 1/24 G-FORCE Cuda
コレはスゴいです。

高円寺HOTWIREの石橋店長がレコメンドされてましたが
スペック面はさておき、まっとうなスケールモデルとして買い。
他社のPro Touring物と違ってマッスルカーらしく薄くシャープな
ボディに仕上がってます。
MOPARらしからぬ渋いペイントもイーネ。
後輪のリムが深すぎてオモチャっぽく、そこだけはチト損してますけど。

HW2007FEのダッヂ・ラム1500

昨年のニッサン・タイタンに続きイマドキなトラッキンで、
今度は上げ物です。
このラムのスケッチが発表された時点で試したかった、トラッキンの
ショー会場で見かける上げトラックの下に下げトラック、ってのが
ちょっとのシャーシ加工でできました。
このラムとタイタン、上のビュイック・グランナショナルはヘッドライトに
ガンダムマーカー差してます。
引き締まってイイ感じになりました。

JadaToys 1/24 DIV Cruiser

こちらは高円寺HOTWIREで購入。
いろいろカラーバリエーション出てますけどコレは我慢できず。
流行りのツートンとファットなラバー、最高の組み合わせではないかと。
SEMA SHOWのエーデルブロックブースにいそうな仕様。


ダイキャストばっかでもつまんないのでプラモです。
フジミ模型のポルシェ・ケイマンS

西海岸アジア人ノリなシャコタン仕様です。
PEGASUS HOBBY製ラージリムをあわせてみました。
前後でリムの深さが違うという素晴らしいホイールです。
キット自体も新生フジミの完成形な感じのハイテンションぶりで
すばらしいです。
それに応えるべく完成に持っていきたいです。
公的抑圧
日記 | 投稿者 tomtom76 22:41 | コメント(2)| トラックバック(0)

Si street machine

長い冬を越え、やっとCivicが完成しましたので晒します。

以前にも記しましたが、昨年夏、真夜中の首都高で見かけた
ワンダーシビックのカッコ良さにヤラれたのがきっかけで製作を
始めたのですが、到達したのは左ハンドルのストリートマシンでした。
そのシビックは17インチのアルミをsetしてましたがこいつには
フジミ製VOLK・TE37の18インチをおごってます。
5穴ですがまあ良しとしてます。

マフラーはサイド出しのストレート、出口にさかつうの挽き物を。

ライセンスプレートはレベルのキットから”ST RACER”を貼り付け。
エッチングのライセンスフレームも付けました。

内装は無限シビックGr.5をベースにレベルのバケットシート、
タミヤのハーネス、アオシマのAutoMeterとNOSタンクを取り付け。
パッと見がマジメ過ぎるなと思ったので窓にアオシマのウィンドウ
フィルムを全面に貼ったら内装が見えなくなり、運転手側のみ窓を
開けてあります。

今回の工作はFR用ホイールのセット、ベルトハーネスの取り付けなど
キット通りに組んでる箇所が少ない大工事となりました。
時間はかかりましたがなんとかカタチにできて良かったです。
日記 | 投稿者 tomtom76 03:54 | コメント(10)| トラックバック(0)

ダイキャストの小ネタ

珍しく一ヶ月以内に更新できそうです。
オモチャ屋で買ってきたミニカーのご紹介を。
マイストの1/64ランボルギーニ・ガヤルド。
よくあるブリンブリンなカスタムが施されています。

いきなり後姿で申しわけないですけど、パッと見て
気になるのが車高、ホイールの位置。
ファニーカーならコレでイイかもですが、エキゾチックカーで
コレはあんまりだ。ってことでイジりました。

やっぱコレでしょう。
分解してタイヤの軸受けを削り、フェンダーに瞬間接着剤で
止めただけですが。2時間ぐらいで完成。
車高を上げる、というのは初めてだったかも知れません。

ボディ自体はガヤルドの形状をバッチリ再現出来てますね。

タイヤの位置で大損してるミニカーってすごく多いように思います。
プラモデルで出ていない車種もありますんでいろいろtryして
みたいですね。
さて、プラモですが、amtのDISCOVANの研ぎ出しが大体終わりました。

写真ヘッタクソなんで見えにくいかと思いますが、一応
パープルメタリックです。
相変わらず内装は手付かずですが、なんとかヤマ場は越せました。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:26 | コメント(1)| トラックバック(0)

プロジェクト進行状況など。

ごぶさたしております。

早いものでもうすぐ6月ってことで当blogで紹介した
projectの近況などご報告したいと思います。

その前に先日の寄り合いの模様。

奥から相方氏のZZZZZZZZ-28、自分のポンティアック・グランプリ
#43"KING"、頂き物のライトニング・マックイーン。
デフォルメカーの新旧揃い踏み。に映画よろしくストックカーの
KINGが絡むって感じですかね。

で、近況ですが。
日々
”就寝前の2時間は男の時間、プラモデル・タイム”
ってことで2時間はやってませんが細々取り組んでます。

ワンダーシビックはチト放置気味でしたが、ボディに白を
塗り終え、クリア吹きに備えて研いでるところです。
色が均一にならなかったり2回総剥離したり無駄に
手間かけてます。


で、また浮気してフジミ製110クラウン、通称鬼クラをいじってたり。
ホッピンハイドロのウィールをアメ車風に引っ込めてセットしたら
和のテイストが消え、独特のアジが。


こちらは大分前に放置してたアオシマ・レパードJフェリー、
ではなく北米版INFINITI J30t。
デカい19インチウィールを収めるためにタイヤハウスを
切り刻んだり微妙にネガキャンにしたりでなんとかカタチに
なってきました。

最後に最近購入したダイキャストのことを。

右のグレーメタがホットウィールのNISSAN・タイタン。
青メタがジョニーライトニングの'69インパラ。
ピンクのは同・ダッジバン、緑メタのが同エコノライン。
中でもタイタンは1/64スケールとしてはズバ抜けた出来。
いままで見てきたTruckin’のミニチュアとしては最高峰かと
思います。
このテの改造車がお好きな方はゼヒチェックしてみてくだい。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

DISCO VAN#3

大変ごぶさたしてます。
当ブログは一月以上放置してましたが、キットは細々いじり続けて
ました。
DISCO VANがようやくお見せできるとこまできましたんでご紹介。

V8エンジンです。プラグワイヤーを付けてみました。
この手のクルマはエンジンが運転席までのめり込んでますんで
完成したら見えなくなってしまうのがなんとも残念ですが。
手前のFORDってプレートはなんとフロントグリルです。
なんともドギつい。。。コレを装着した姿は完成時に掲載します。

エンジンを載せたフレームです。
これにエクゾースト、燃料タンク、ドライブシャフトを取り付けて
下回りは完成となります。
カタログなんかでこの状態のシャーシが載ってたりしますが
手の上で眺められるというのはプラモならではですね、とベタな
文句でしたがやっぱり組みあがったとき見入ってしまいました。

それらをボディと合わせた状態。
ボディはホンダのコンセプトカー、不夜城のようないかがわしさ(失礼)を
イメージしてクレオスのナイトパープルマイカで塗ってます、が
写真では判りづらいですね。
ボディはこれから研いでピカピカにする予定です。
あと、内装はまだ塗装してないので次回の更新でお見せしたいと
思います。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:04 | コメント(2)| トラックバック(0)

CHRYSLER 300C

通販で注文していた待望のAMT・クライスラー300Cが届きました。
合わせて購入したキットです。

同じくAMTのエスカレードEXTとアキュレイトミニチュアの
コルベットGSです。
この2台は機会があれば改めてご紹介したいと思います。

さて、300Cですが、このキットはストック(ノーマル)のみで
カスタム用パーツは含まれないと聞いてましたのでぱっと見て
最も目を引くグリルを交換したいと思い立ち、早速イジってみました。
まずはストックのグリルです。

悪くはないですがちょっとヤボったい。
洋雑誌を見てると大抵のカスタム300&300Cはグリル交換してます。
形状はさまざまですが、個人的に最もイカしてると思ってるのが
ベントレーっぽいメッシュ状のもの。
そこで、格子状のグリルを切り抜き、エッチングのメッシュを
ハメ込んでみました。

随分ハンサムになったかと思います。
って、ここで気が済んだ、なんてことの無いようサクッと作りたいですね。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:58 | コメント(2)| トラックバック(0)

ダイキャストをば。

ごぶさたしております。
当へっぽこBlogもいつの間にやら1,500hit達成してました。
どうもありがとうございます。
紹介したプラモは日々イジり続けてますが見た目にハッキリした
変化がないのでUPは見送っております。
気長に見守ってやってくださいませ。

と言ってる先から寄り道して今日は初ダイキャストです。
WELLYの1/64(ぐらい?)AUDI TTっす。
写真が暗くて申しわけない。

昼間ワゴンセールで100円で売られてたのを保護してきました。
かねてからTTはよいミニチュアが無いものかと物色してましたが
コレはかなりプロポーションが良いです。
ただ、ウィールがいただけない。どうせならリペイントも
やっちまいたいということで初のミニカーイジりに
トライしてみました。

ホットウィールのPR5(でしたっけ?)をセットしてロワード。
TTの塊感が出てイイ感じになりました。
塗装はクレオスのペイントリムーバーで落としてますが、
金属ブラシでガシガシ落としてたら鈍い光沢が出てこれがまた
良いです。

色は何塗ろうか思案中デス。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

創造のプラモデルイイネ!!

毎回組みかけのプラモをupする当ブログですが今回は和物です。

アオシマの無限シティRⅡです。
1月に出るとアナウンスのあった復刻版がいつまで経っても
店頭で見かけないのでオークションで入手した当時物を開封しました。

当時の取説はカラーのものが多かったようですね。
全て精密なレース用の専用部品となっています。
FFでステアリングも切れる足回りの構造はミニ四駆と並んで
日本のモーターライズキットの到達点と言えるかも?
モーターライズとディスプレイの橋渡しといった趣き。

シャーシをパチ組みしてボディを乗せてみました。

・・・カッコいい。
このクルマは大昔、公園に棄てられてた某WPB誌にワンメイクレースの
模様が載ってて大場久美子サンのグラビア以上に興奮して以来気に
なってたんです。

コイツはキッチリ組みますよ。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:18 | コメント(6)| トラックバック(0)

DISCO VANの続きなど

久方ぶりの更新です。
amt DISCO VANのシャーシの仮組みができましたのでUP。

ものスゴくフロントが高いと感じましたがこれでもボディの水平は
とれてます。
でもやっぱり前は落として軽くケツ上げにしたいですね。

リヤはぶっといタイヤが肝。
タイヤは前後ともクラシカルな左右2枚割り。
基がプラなのかビニールが硬化してたのかわかりませんが固いです。

とりあえず内装やエンジンルーム補器類のペーパーがけがまだですが
こうやってカタチになってくるとヤル気も増しますね。
進捗としては20%ってとこでしょうがのんびりやってます。

地味な素組みばかりではアレなのでHOTWIREさんで入手しました
HOTWHEELSのポンティアックGTOも載せときます。

正調プロツーリングのGマシーンズってシリーズです。
好物の大径リムやレーシーな内装も良いのですが、なにより手前の
モデルのペイントがヤバいです。
流行りの上下ツートーンかと思いきやカメレオンペイントで
グレー/ダークグレーに見せかけてるというニクい演出!!
顔がデカめにディフォルメされてるのがチト気になりますけど
このシリーズ集めたくなってきました。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:15 | コメント(2)| トラックバック(0)

1969Camaro

まだまだDISCOVANのボディをまったりと研いでる最中ですので
旧作を載せたいと思います。
ヘボいので大目に見てやってくださいませ。

レベル1/25の1969年型カマロです。

全てのアメ車の中で最もかっこいいと断言してしまえるほど
愛着がありますが、このキットを作ったのはまともにプラモを
作り始めて一年足らずの頃。
キャブレター組むとボンネットが閉まらなくなったので省略したりと
荒技があちこち見られます。

今回どういうわけか貼っていなかったストライプを貼ってみましたが
ヒジョーに貼りづらくシワが残ってしまいました。
マークセッターとかあれば良かったのですが。

新型も早くキットで手元に置きたいですね。
日記 | 投稿者 tomtom76 01:29 | コメント(6)| トラックバック(0)

プロジェクトその2

今もっとも打ち込んでるキットがamtのDISCOVANです。
フォード・エコノラインの'70s バニング。

先日オークションで一目ぼれして入手しました。
音楽とプラモってネタは同じくamtでKISSバニングを見たことは
ありましたがこちらはディスコ。ブラックカルチャーを題材に
してるってのが肝でしょう。
motownに程近かったamtならではのワザなのか?
ディスコ大好きの自分には非常にツボでした。

ストックのパーツは無く、カスタムパーツとして鍵穴状の窓や
ウッディバンパー(どう見てもただの板!!)、
とどめがマッシヴ・カスタム・グリルと銘打たれたFORDと刻まれた
フロントグリルと、正直ドコまでDISCOVAN専用のパーツなのか
判りませんがかなり濃い口のアイテムが並びます。
気になってた内装は普通のカーゴバンでした。

現在はボディのサンディングをやってますがクリーム色に劣化した
表面を剥くと'70s当時の白い地肌が見えてきて感激してます。
日記 | 投稿者 tomtom76 23:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

プロジェクトその1

ということで昨年より持ち越してますキットをご紹介します。

タミヤのワンダーシビックSiですね。
内装どうなってるかまでは見えませんでしたが、昨年夏の真夜中に
首都高でこんなワンダーに遭遇してすっかりヤラれてしまいました。
ただコピってもおもしろくないですから、左ハンドルにして
ワイルドスピード的でないまっとうな西海岸のストリートレーサー、
って趣きで行こうと企んでます。

一応各部タミヤ、ハセガワ、レベルの各年代のシビックのパーツの
寄せ集めとなっております。
日記 | 投稿者 tomtom76 21:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

はじめまして。

皆さんはじめまして。東京で会社員やってますtomtomと申します。
ここでは自分が日々いじってますプラモやミニカーの話題などを
書かせてもらいます。
手が遅いのでなかなか完成しないのが悩みですが、
ヨロシクお付き合いください。

初回ですので近年作ったプラモの紹介しておきます。
近作っす
手前がAMTの1966ビュイック・リビエラです。
アオシマのAME18インチに換えてます。

中央はフジミのV35スカイラインクーペです。
コレもアオシマのVOLK・TE37履き。

奥はタミヤのポルシェ・961。
ボディ一体だったレンズを透明パーツに置き換えて
アンテナ等追加してます。
昨年はこのポルシェしか完成させてないので今年はガンバリたいです。

次回は今作ってるキットの紹介をしたいと思います。
日記 | 投稿者 tomtom76 00:46 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2011年 3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]